西武、中田の1本にやられる…辻監督「投手は頑張った」 打線は2試合4得点

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆西武1-2日本ハム(20日・メットライフドーム)

 自慢の打線が鳴りをひそめ、1本の長打にやられた。西武が1点リードして迎えた4回1死一、二塁。先発の松本が中田に逆転の右越え2点二塁打を浴びた。これが決勝点。辻監督は「投手は頑張ったと思う。(打線は)ここ1本が出なかった。向こうの中継ぎによく踏ん張られた」と振り返った。

 課題の投手陣では開幕戦の零封リレーに続き、初めて開幕ローテーションに入った2年目の松本が踏ん張った。7回途中2失点。「初回から自分の力を出し切ることと最少失点に抑えることを意識していた。長打で失点してしまったが、出来自体は良かった。自分の力は出せたと思う」と若き右腕は前を向く。ただ、打線の援護がない。メットライフドームでは昨年から通算7試合目の登板で初黒星となった。

 3番手で登板したドラフト1位の宮川も無失点。指揮官は「力むところもあったけど、無事にゼロで抑えた。まずは登板できて良かったと思う」と新戦力にも手応えを感じる。あとは開幕から2試合で計4得点の打線の本領発揮を待つばかり。「まだ2試合よ。投手あってのところだからね。これからまだまだ長い戦いがあるので、その中で調子を上げてくれたらいい」と焦りはない。V3に向け、地に足をつけて戦っていく。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング