ソフトバンク松本が好リリーフ一転、敗戦投手に 工藤監督「僕の責任かなと思う」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-3ロッテ(20日、ペイペイドーム)

 初めて開幕を1軍で迎えた松本が、好リリーフから一転しての乱調で黒星を喫した。

 7回1死二塁のピンチで先発和田の後を受け今季初登板。井上をフォークで空振り三振、代打福田光を遊飛に打ち取り切り抜けた。だが8回は2与四球などで招いたピンチから暴投で勝ち越しを許し、レアードに適時打を献上。満塁として降板した。

 いきなり延長戦にもつれた開幕戦では救援陣5人が投げていたこともあり、工藤監督は「何とか松本君で森君につなげられればと思ったけど、そうならなかったのは僕の責任かなと思う」と話した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ