「佑ちゃんには負けたくない」斎藤佑樹と同学年、育成からはい上がった左腕が投げ勝った日

西日本スポーツ

 ◆日めくりソフトバンク 誕生15周年

 ソフトバンク球団は今年15周年。球団がソフトバンクとなった2005年からの出来事を、過去の西日本スポーツ掲載記事で振り返ります。

 2012年6月22日の出来事は…。

   ◇   ◇   ◇

 育成からはい上がってきた左腕の意地があった。7勝をマークして臨んだ前年オフの契約更改交渉の席で「佑ちゃんには負けたくない」と宣言した左腕が、その言葉を実践する日がやってきた。

 本拠地での日本ハム戦に先発したのは山田。相手先発は同じ88年度生まれの斎藤だった。初めて実現した“対決”で7回1失点。甲子園や神宮で頂点に立った世代のヒーローを相手に堂々の94球で投げ勝った。

 実力も知名度も雲泥の差ながら一歩も引くつもりはなかった。「今はお互いプロ。過去のことはどうでもいい」。ダルビッシュや成瀬といった球界を代表するエース級と渡り合ってきた男が、成り上がりロードに新たなページを書き加えた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ