送球が上手くなるには? ムネリンに聞いてみた セオリー「相手の胸に投げる」とは逆の発想も

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクや米大リーグなどで活躍した川崎宗則内野手(39)への質問を西スポがウェブ上で募集した。今回はプレー上達に関する質問に答えてもらった。

   ◇   ◇   ◇

 Q.送球がうまくなるコツを教えてください。(福岡県・高校生・男子)

 何のために送球する? アウトにするためだよね。送球を良くするんじゃなくて、アウトを取れるような練習をすればいいよ。

 上に投げたら捕れない。でも下に投げれば、ゴロでもショートバウンドでも捕れる。胸の辺りが100点、腰の辺りが80点じゃなくて、むしろ腰から下が100点という考え。上にいくと80点、60点になって、顔辺りで30点ぐらいかな。

 キャッチボールで「胸に投げなさい」って言うけど一点に投げようと思ったらなかなか投げられない。大体でいい。30点でもいいわ。一番いかんのが、捕れないほど上の0点。点数を取れる「幅」があることを自分に言い聞かせて投げると楽。僕も「ここに投げないと」と思ったら怖くて投げられなかった。

 野手がいつも何の練習してる? ジャンプして捕る練習じゃなくて、ゴロとか、低い球を捕る練習してる。他の野手にある程度、任せて、低い球さえ投げればって気持ちでいれば、ちょっとホッとする。細かいことを言えば、投げ方とかいろいろあるけどね。

 キャッチボールも、ただキャッチボール大会じゃなく、実際のプレーを踏まえれば胸じゃなくて腰から下を狙わないと。肩をつくる、温めるには胸に投げていいし、遠投もしていいけど、仕上げに低い球を投げる練習をしておくのが大事だと思うよ。(随時公開)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ