通算2000安打史上最長の難産「あと1」で離脱した小久保が夢でも描けなかったヒット

西日本新聞

 ◆日めくりソフトバンク 誕生15周年

 ソフトバンク球団は今年15周年。球団がソフトバンクとなった2005年からの出来事を、過去の西日本スポーツ掲載記事で振り返ります。

 2012年6月24日の出来事は…。

   ◇   ◇   ◇

 波瀾万丈の道のりを象徴するような難産だった。腰痛から復帰した小久保裕紀が史上41人目の通算2000安打。望んでいた通り、本拠地のファンの目の前で偉業を達成した。

 5月22日に1999本目を放った後にまさかの離脱。王手をかけて1カ月以上という史上最長のブランクを「長かった」と振り返った。「けがをしてから3回達成する夢を見たけどどれにもないヒット」。8度の手術、前代未聞の無償トレードなどを乗り越え、夢にも描けなかったメモリアル打を中前へ運んだ。

 歩行も困難な状況を「逆境こそ生きざまの見せどころ」と受け止めた。高額のリハビリ器具を自費で買い風水の吉方位も訪問。不屈の思いで戻ってきた40歳に万雷の拍手が降り注いだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ