ソフトバンク栗原が止まらない 2点タイムリーで4試合連続安打

西日本スポーツ

 ◆西武-ソフトバンク(23日、メットライフドーム)

 福岡ソフトバンクの栗原陵矢捕手(23)が、タイムリー二塁打を放ち開幕から4試合連続安打とした。

 2試合ぶりに「2番一塁」でスタメンになったプロ6年目は、4点ビハインドの3回1死一、二塁で西武先発高橋光のフォークを捉え右中間を破った。

 「センターに打ちに行く気持ちでうまく打つことができました。次からもしっかりと自分のバッティングをしたいです」とコメントした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ