逆転弾のソフトバンク今宮が吐露「正直チームの雰囲気は良くなかった」

西日本スポーツ

 ◆西武6-9ソフトバンク(24日、メットライフドーム)

 今季2度目の2番に起用された今宮が、今季1号の逆転3ランでシーソーゲームにけりをつけた。2点を追う6回1死一、二塁。150キロ超のスピードボールを操る今井のカーブに体が反応する。「カーブの意識はなかったけど、待ち方のタイミングの間を変えたのが良かったのかも」。振り抜いた打球は左翼スタンドに飛び込んだ。

 無死二塁で進塁打を放ったこの日の初回を含め、今季1号の前まで得点圏では3打数無安打。チームが3連敗を喫した一方、西武打線がお目覚め気配だったことに「正直、チームの雰囲気は良くなかった」と明かす。レギュラーシーズンでは初めて体験する同一カード6連戦。「連敗するかもしれない」という不安を自らのバットで拭い去った。

 メットライフドームでの西武戦は、第4戦で3本塁打を含む5安打6打点と大暴れした昨年のクライマックスシリーズ・ファイナルステージ以来。「それはもう終わったこと」と受け流したが、ライバルの本拠で再び勝負を決める仕事をやってのけた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ