西武今井、自己ワースト被安打も…辻監督評価「昨年より成長」

西日本スポーツ

 ◆西武6-9ソフトバンク(24日、メットライフドーム)

 今季初登板の今井は2本の3ランに沈み、黒星を喫した。初回はバレンティンの犠飛に続き上林の一発で先手を奪われ4失点。その後は相次ぐピンチを切り抜けたが2点リードとなった6回、今宮に逆転弾を浴びた。

 5回2/3を投げ、自己ワーストの被安打12で7失点。「まずは立ち上がり…。練習試合や紅白戦でやってきたことを出せなかった。気持ちの面でも反省点が残る」と悔しがったが、辻監督は「昨年より成長した部分が見えた。(6回の)3ランまでは本当に頑張った」と評価した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング