ソフトバンク栗原 開幕から快音止まらぬ理由は「積極性」「自分のスイング」

西日本スポーツ

 ◆西武6-9ソフトバンク(24日、メットライフドーム)

 開幕から快音を続ける絶好調の栗原がプロ初となる猛打賞をマークした。2試合ぶりの1番に入ると、初回に今井の152キロ直球を捉え中堅フェンス直撃の二塁打。2回は右前打、2点を追う6回1死一塁でも右前打で好機を拡大し、今宮の逆転3ランにつなげた。

 「積極的に打ちにいった結果だと思います。今は自分のスイングができている。明日からも一打席一打席集中したい」。これでチーム唯一の開幕から全5試合連続安打。入団5年目の昨季まではマルチ安打も経験がなかったが、3安打の固め打ちで打率は3割7分5厘となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ