西武、連敗で借金2 1点差まで迫ったが…

西日本スポーツ

 ◆西武2-4ソフトバンク(25日、メットライフドーム)

 西武が連敗で借金を今季最大の2とした。

 先発の本田は好投したが、バレンティンに2打席連続のソロを食らい、6回に登板したドラフト2位ルーキー左腕の浜屋は、第1打者の「左キラー」川島にソロを浴びた。

 強力打線は7回までバンデンハークの前に無安打。8回先頭の山川が二塁内野安打でノーヒットノーランを阻止すると、中村の二塁打の後、1死二、三塁で栗山の投ゴロの間に1点を返し、続く木村は2番手モイネロから左前適時打を放ち、1点差に迫った。

 しかし9回2死三塁、松田宣の中前への当たりを中堅金子が懸命に突っ込んだが捕球できず、痛い適時二塁打で2点差に広げられた。最後は相手守護神の森に3人で抑えられた。打線はわずか3安打に終わった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング