ソフトバンク今宮の仰天美技 逆を突かれて超人反応、さらに…!

西日本スポーツ

 ◆西武-ソフトバンク(26日、メットライフドーム)

 ソフトバンク・今宮が持ち前の身体能力を存分に生かした守備を見せた。

 2点ビハインドの2回1死一塁の守備。打者・金子の場面で一塁ランナーの木村がスタート。低めを打った金子の打球は三遊間方向へ転がった。  木村のスタートに反応していた今宮はベースカバーに入りかけており、逆を突かれた格好ながら、瞬時に身を翻し、飛び込んで何とか打球を処理。さらに素早く起き上がって一塁送球し、俊足の打者走者・金子をアウトにした。

 コンディションを考慮され2試合ぶりのスタメン出場。それでも打球への反応、送球まで超人的な身のこなしを披露し、味方の野手陣も大盛り上がりだった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ