西武木村の逆転満塁弾を一番喜んだのは? 辻監督が明かした舞台裏

西日本スポーツ

 ◆西武7-4ソフトバンク(26日、メットライフドーム)

 西武の辻監督がチーム一丸の逆転勝利に目を細めた。

 山川の2打席連発で先行したが、7回に山川の失策も絡んで、逆転を許した。それでも1点を追う8回2死満塁から木村が逆転グラウンドスラム。ソフトバンクとの同一カード6連戦の星を2勝2敗とした。

 辻監督は「ホームランまでは予測できなかったけど、これ以上ない結果だった。満塁で2死から積極的にいけた。1ボールから打ち返したのは見事だった」と木村をたたえた。

 直前には1死満塁の好機でベテラン栗山が一ゴロに倒れていた。辻監督は「木村の満塁ホームランがチームを救った。マネジャーから聞いたけど、あれが出た瞬間に栗山が一番喜んでいたと。その気持ちがチームにとって一番いい形だと思う。みんなが必死にいっているわけだから。打たなかったときに他の選手がカバーする。それに心からありがとうと言えるチームでありたい。そういう意味ではチームを救ってくれた」とチーム一丸での勝利に手応えをつかんでいた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング