ソフトバンク嘉弥真は明るい材料 3者三振斬り、開幕からまだ被安打0

西日本スポーツ

 ◆西武4x-3ソフトバンク(28日、メットライフドーム)

 ソフトバンク・嘉弥真が左打者が3人続いた西武打線から3者連続三振と快投を演じた。

 7回から2番手で登板して、先頭のスパンジェンバーグは外角を中心に攻め最後はスライダーで見逃し、源田も同じくスライダーで空振り三振。森は真っすぐで3球での見逃し三振に仕留めるなど、完璧な救援を見せた。

 「真っすぐも変化球もいい状態をキープできている。自分らしい投球ができた」。開幕から安定した投球を続ける左腕はこれで4試合目の登板だが、打者10人に対してまだ一本の安打も許しておらず、八つの三振を奪っている。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ