柳田またまた空砲…栗原と1、2番で孤軍奮闘 ソフトバンク打線の再構築は急務

西日本スポーツ 山田 孝人

 ◆西武4x-3ソフトバンク(28日、メットライフドーム)

 まるでリプレーを見ているかのような先制劇だった。初回1死。2試合連続で2番に入った柳田が豪打をさく裂させた。初対戦の西武のサブマリン与座が投じた3球目、内寄りの126キロ真っすぐをフルスイング。打球は一直線にバックスクリーンへ向かった。「自分のスイングで打つことができた」。前日27日の2ランに続く2試合連続となる3号先制ソロアーチだ。

 豪快な先制パンチを連日見せた主砲に負けじと若きリードオフマンの躍動も続く。2回2死満塁。5試合連続で1番に座る栗原が、追い込まれながらも巧みに与座のシンカーを捉えた。中前への2点打に「何とか粘る気持ちで打ちにいった」とうなずいた。

 2試合連続で組まれた1番栗原と2番柳田の超攻撃的布陣が、序盤の効果的な攻めに大きく貢献している。2回までに27日は4点、28日も3点を奪取した。2戦合計では栗原が4打点で柳田が3打点と、2人のバットが得点につながる。強力な1、2番コンビには工藤監督も「立ち上がりにしっかり点を取ることができて2回も点を取れた。相手も慌てたところはあったと思う」と納得の表情だ。

 2連敗で迎えていただけに柳田も「きょうは絶対に勝ちたい」と初回の本塁打後にコメントしたが、3回以降は立ち直った与座を打ちあぐね、西武救援陣にもかわされた。工藤監督は「その後の1点。取れるか取れないかで、相手の投手も立ち直っていく。そういう形になってしまった。しっかりつながるように(次戦の)日本ハムと戦っていきたい」と誓った。今季の柳田の3本のアーチは全て空砲。好調の2人につなげる打線の再構築は急務だ。

 新たな1、2番が大きな威力を発揮したのは事実。所沢で味わった悔しい思いは、北の大地での6連戦で晴らす。 (山田孝人)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ