西武高橋光、2勝目にも「喜べません」7回に崩れる

西日本スポーツ

 ◆西武3-2オリックス(30日、メットライフドーム)

 西武の先発高橋光が、7回途中まで2失点で今季2勝目を挙げた。

 4回2死一、三塁のピンチでロドリゲスを遊飛に打ち取るなど要所を締めてきたが、リードを3点に広げてもらった直後の7回、先頭のT-岡田に二塁打を浴びると、続くロドリゲスには変化球を左翼席に運ばれる2ランで1点差に迫られた。続く若月に中前打を打たれたところで降板。2勝目にも「うれしいですが、素直に喜ぶことができません。やはり7回、あのような形で交代してしまったこと。中継ぎの方にも急いで(肩を)つくってもらったと思うので、喜べないですね」と反省しきりだった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング