7月は「逆転後に逆転されない」工藤監督

西日本スポーツ

 ◆日本ハム1-1ソフトバンク(30日、札幌ドーム)

 -ムーアは内角攻めがきいた。

 内角に決まっていて、カットも右打者にとっては厳しいところにいっていた。しっかり真っすぐでもカウントを取れていた。気持ちがベンチからも非常に伝わってきた。ナイスピッチングだったと思う。

 -次の1点が遠かった。

 何とかつながるようにしなきゃいけない。打撃コーチにも考えてもらいながら、しっかり点が取れるように。連打が出なかった。次はしっかり取れるようにしないといけない。

 -4番長谷川、5番バレンティンのオーダー。

 イメージとしては1、2番でチャンスをつくって3番でそれを広げて。長谷川君は非常に選球眼がいい。きょうは安打を打ったけどそこで好機が広がったところでバレンティン、と。そういうイメージでオーダーを組んだ。

 -6月を終えて3勝。7月が始まる。

 そうです。6月は終わりました。ですので、終わったことは反省して。点を取っていても、逆転負けした試合が何試合かあったので。そこは反省をして。きょうは少し(救援陣に明るい)兆しが見えたところもある。そういうところも、しっかり考えてやっていきたい。7月はしっかり、逆転後に逆転されないように戦っていくことが大事。7月、頑張りましょう。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ