西武スパンジェンバーグあぁ痛恨拙守…まさかの展開に

西日本スポーツ

 ◆西武-オリックス(2日、メットライフドーム)

 西武の新外国人スパンジェンバーグが守りで思わぬ展開を招いてしまった。

 2試合続けて「1番・左翼」でスタメン出場。初回無死の守備で宗の左前に落ちた打球の処理を試みたが、高いバウンドに頭上を越された。

 打球は左翼深くへ転々。追いついたスパンジェンバーグだったがボールが手に付かず、一度こぼしてしまう。この間に宗は三塁へ(記録は二塁打と失策)。助っ人が何ともバツが悪そうな表情を浮かべた直後、先発・本田が大城に適時打を許すなど、この回2点を先取された。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング