西武松井2軍監督「まだかな?まだかな?」待ちわびたファーム本拠地を公開

西日本スポーツ

 西武は3日、改修工事が完了したファーム本拠地「CAR3219(カーミニーク)フィールド」を報道陣に公開した。本球場にはLEDディスプレーの大型ビジョンを完備し、両チームの選手名や球速、球数、映像コンテンツの表示が可能となった。バックスタンドには240席の観客席を完備。サブグラウンドや屋根付きのブルペンも新設した。

 15日のイースタン・巨人戦がこけら落としとなるが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今季全試合は無観客での開催が決まっている。

 松井2軍監督は「若獅子寮の食堂から工事の様子が見えていたので、少しずつ変わっていく様子を『まだかな?まだかな?』と、楽しみながら完成を心待ちにしていました。まだ完成後の施設を直接見ていないのですが、写真を見る限り、立派な施設になっていて大変驚いていますし、うれしい気持ちでいっぱいです。

若手選手にとって、これまでプレーしていた西武第二球場から見る隣のメットライフドームというのは、近いようで遠い場所です。ライオンズに高卒で入団した頃、僕もそんな風に思ったことがありました。今は『ライオンズトレーニングセンター』や『CAR3219フィールド』で、もっともっと野球に打ち込める環境が整ったと思います。だからこそ、これから『CAR3219フィールド』で選手たちはメキメキと力をつけていってほしいですし、僕はこの環境で選手をしっかり育てていきたいと思います。7月15日のこけら落としは今からワクワクしています。ファンの皆さまには、球場にお越しいただけるようになったらぜひ選手たちに声援を送ってほしいと思います」とコメントした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング