ソフトバンク松田宣が「あ~っ!!」痛恨エラーで絶体絶命ピンチ

西日本スポーツ

 ◆日本ハム-ソフトバンク(3日、札幌ドーム)

 ソフトバンク・松田宣が痛恨エラーで脂汗をかいた。

 1点ビハインドの3回、先発・東浜が安打と四球で無死一、二塁のピンチ。ここで中田のゴロが三遊間寄りの併殺コースへ飛んだ。

 ところが、打球を処理したサード松田宣は併殺を焦ったかお手玉。二塁送球を諦め、一塁送球したがこれも間に合わず、無死満塁と傷口を広げてしまった。

 送球直後、悔しさのあまり「あ~っ!!」と大声を上げる姿も。森山投手コーチがマウンドに駆け寄った後、松田宣にとっては亜大の後輩・東浜がまず渡辺を浅い中飛に仕留めると、清宮、野村も退け、このピンチを無失点で脱出した。

 この6連戦は、1日にも2失策を犯してしまった松田宣。東浜の粘りで九死に一生を得る展開となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ