ソフトバンクが大胆変身で快勝 今季初めて甲斐外し、守護神・森も使わず

西日本スポーツ

 ◆日本ハム1-4ソフトバンク(3日、札幌ドーム)

 中盤に逆転したソフトバンクが快勝した。

 先発・東浜が初回、渡辺に先制二塁打を許す立ち上がり。1点ビハインドが重かったが、6回、栗原の安打を足掛かりに今宮の送りバントで1死二塁。柳田の適時打で追いつくと、バレンティンが2戦連発となる勝ち越し2ランを放った。

 このところ安定感を欠いていた継投策ながら、この日は6回の川原から無失点リレー。7回にルーキーの津森、8回に変則左腕の嘉弥真とつないだ。3点リードのまま迎えた9回はモイネロを起用。前夜逆転サヨナラ黒星を喫した守護神・森は3連投中という事情もあった。キューバ出身の左腕は大田、近藤、中田を三者凡退で難なく逃げ切った。

 開幕投手の東浜は5回4安打6四球ながら粘って1失点で、今季3試合目で初勝利を手にした。この試合は正捕手・甲斐が今季初めてスタメンを外れ、ベテラン高谷がフル出場。ベンチは救援失敗が目立っていた岩崎も起用することなく、試合を締めくくった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ