ソフトバンク斬新な方程式 川原-津森-嘉弥真-モイネロで無失点リレー

西日本スポーツ

 ◆日本ハム1-4ソフトバンク(3日、札幌ドーム)

 救援陣が不安定だったソフトバンクが、新機軸のリレーを見せた。

 先発・東浜が6四球と苦しみながらも、粘って5回1失点。日本ハム先発・有原をつかまえられていなかった打線が6回に奮起し、柳田の同点打、バレンティンの2ランで逆転に成功すると、ベンチは継投に移った。

 3点リードとなった6回は度重なる故障を乗り越えた左腕川原。直前までビハインドの展開で、点差に関係なく、さまざまな状況に備えていたとみられる。中島を見逃し三振に仕留めると、西川、大田も退けた。

 7回はルーキーながら度胸で鳴らすサイド右腕の津森。近藤、中田を退けた後、渡辺に二塁打を許したが、清宮を空振り三振に仕留めた。

 8回は開幕から被安打ゼロと好調の変則左腕・嘉弥真を送り込んだ。野村を見逃し三振に仕留めた後、代打横尾に内野安打こそ許したものの、代打松本を見逃し三振、西川も退けて危なげなく乗り切った。

 3点リードのまま迎えた9回はモイネロを起用。前夜逆転サヨナラ黒星を喫した守護神・森は3連投中という事情もあった。大田、近藤、中田を三者凡退に仕留め、難なく逃げ切りに成功した。モイネロは今季初セーブだ。

 この試合は正捕手・甲斐が今季初めてスタメンを外れ、ベテラン高谷がフル出場。ベンチの期待にバッテリーが応え、最少失点の勝利を導いた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ