いつも声ガラガラの大分・片野坂監督 無観客で方針転換?

西日本スポーツ

 J1が再開する4日、昭和電工ドーム(大分市)では大分トリニータとサガン鳥栖が対戦する。

 大分の片野坂監督は鳥栖戦の警戒ポイントに自分自身の「声」を挙げた。J1より先に無観客で再開したJ2で、各チームの監督が大声でピッチ上の選手に伝えていた戦術が、相手に聞こえていたと指摘。声を張り上げて指示を出し、試合後の会見でガラガラ声になることが“恒例”となっていた片野坂監督は「自分の声のテンションに気を付けたい」と気を引き締めた。それでも喉の不安はあるようで、いまやトレードマークとなった浅田飴(あめ)を「準備しておきます」とほほ笑んだ。

PR

大分トリニータ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング