リアル殿馬? ソフトバンク柳田の「秘打」に野手困惑、投手は呆然

西日本スポーツ

 ◆日本ハム3-8ソフトバンク(4日、札幌ドーム)

 ソフトバンク柳田の打球が、思わぬ事態を巻き起こした。

 9回無死、左腕・吉川の外角低めストレートを打ってセンターへの飛球。左中間寄りに走った中堅手・西川が落下点に入るかと思われたが、捕球直前に驚いたように逆方向へ切り返した。

 大きく変化した打球に慌てて飛びついた西川だったが及ばず、打球は中堅深くを転々。この間に柳田は三塁打とし、なおも相手守備にミスがあれば本塁を突こうという構えだった。

 野球漫画「ドカベン」に登場する殿馬一人は「秘打・ハイジャック」で、アッパースイングから打球に回転を与え、凡フライかに見えた打球が大きく変化してポテンヒットに。白新高校・不知火守のノーヒットを止めるという劇中の一幕があった。

 「秘打」を思わせる一打に西川は困惑の表情を浮かべ、マウンド上の吉川もぼう然。続くバレンティンに飛距離十分の犠飛が出て、柳田は悠々と生還した。日本ハムは0-7の展開から3点を返した直後。まだ点差は開いていたとはいえ、トドメの刺さる1点となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ