5回参考ノーノーの大牟田・猿渡 休校中にレベルアップ、外野に飛ばさせず13K

西日本スポーツ

 ◆がんばれ福岡2020 筑後地区高校野球大会 予選リーグB 大牟田19-0朝倉光陽(4日、大牟田延命球場)

 大牟田のエース猿渡が5回参考ながら、朝倉光陽相手にノーヒットノーランを達成した。

 初回から5者連続三振を奪うなど、5回で13奪三振。1四球は出したが外野への飛球はなし。「平常心で投げた」とストライク先行を心がけて丁寧に投げ続けた。昨夏までは三塁手。「体が大きくなって力がついてきた」と川口監督が昨秋、投手起用を決めた。4月の休校期間中も福岡県大木町の自宅でシャドーピッチングや体幹トレーニングを続け最速140キロをマーク。猿渡は「みんなで最後の大会で優勝するため力を出したい」と次戦でも好投を誓った。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング