ソフトバンク九鬼が初スタメン初安打初アーチ 熊本・秀岳館高出身

西日本スポーツ

 ◆日本ハム-ソフトバンク(5日、札幌ドーム)

 初めてスタメン起用された高卒4年目のソフトバンク九鬼がプロ初安打となる初本塁打を放った。

 2点を追う3回。先頭で打席に入り、日本ハム先発左腕の河野が2ボール2ストライクから投じた5球目、内角の142キロ真っすぐを捉えて左翼スタン中段に放り込むソロアーチを披露した。

 熊本・秀岳館高で春夏連続甲子園4強に貢献。2017年にドラフト3位でソフトバンクに入団し、これが1軍通算3試合目で4打席目。4日に出場選手登録されていた。試合前には「(札幌には)試合に出る気満々で来ていた。自分の力を発揮できるように」と意気込んでいた男が、有言実行のプレーを見せた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ