ソフトバンクの剛速球サウスポー古谷 地元北海道で154キロKKデビュー

西日本スポーツ

 ◆日本ハム-ソフトバンク(5日、札幌ドーム)

 ソフトバンクの最速160キロ左腕・古谷が故郷北海道でプロ初登板を果たした。

 2点ビハインドの8回に登板。この試合で本塁打を放っている野村を初球152キロで二直に抑えると、清水には3ボールとなりながらも立て直し、150キロの直球で空振り三振に仕留めた。

 続く西川への初球、この日最速154キロは外角に外れた。西川への2球目まで10球連続ストレート。追い込んでから外角スライダーを続け、2者連続の空振り三振を奪った。

 北海道幕別町出身。3日に1軍昇格したばかりで「テレビでたくさんの人に見てもらえると思う」と登板を心待ちにしていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ