ソフトバンク逆転負けで借金返済ならず 棚ぼた得点生かせず、九鬼プロ初安打1号も空砲

西日本スポーツ

 ◆日本ハム5-3ソフトバンク(5日、札幌ドーム)

 ソフトバンクは逆転負けで今季初の3連勝はならず、10日ぶりの借金完済とはならなかった。

 初回2死一塁でバレンティンの飛球を中堅手・西川が落球し、この間に柳田が生還して幸運な形で先制。ただ直後に先発・二保が近藤、中田に連続適時打を浴びるなどして3失点で逆転された。

 それでも3回、捕手でプロ初スタメンの九鬼がプロ初安打となる1号ソロ。さらにバレンティンの適時二塁打で追いついた。

 援護を受けた二保だったが踏ん張れず、4回に野村に勝ち越しソロ被弾。5回には渡辺の適時打を許し、この回途中で降板となった。

 その後は救援陣が懸命につなぎ、8回も地元北海道でプロ初登板の古谷が2者連続三振を奪うなど無失点でしのいだが、打線が日本ハムの救援陣をつかまえられなかった。

 この6連戦は3勝2敗1分けで今季初のカード勝ち越し。7日からは本拠地ペイペイドームに好調・楽天を迎えての6連戦に臨む。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ