本塁クロスプレーで不穏 西武森に危険スライディングでオリ新助っ人に警告

西日本スポーツ

 ◆西武-オリックス(5日、メットライフドーム)

 2回の本塁クロスプレーを巡って西武の捕手・森とオリックスの新助っ人・ロドリゲスの間で不穏なムードが漂った。

 この回1点ビハインドで迎えたオリックスは無死からT-岡田の2ランで逆転。なおも2死二塁から安達の中前打で、二塁走者のロドリゲスが本塁を狙った。

 ここで西武の中堅手・川越が本塁へ好返球。タイミングは完全にアウトだったが、ロドリゲスは猛然と本塁へスライディングし、森と交錯した。この際、進行方向からずれて森の方へ足を向ける格好になっていた。

 判定は当然ながらタッチアウト。走路を空けていた森は憤然とした表情で起き上がり、ロドリゲスと対峙(たいじ)した。審判団が協議し、オリックス西村監督に説明の上、ロドリゲスには警告が与えられた上で、攻守交代となった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング