9回裏の反撃及ばず…西武連敗で貯金ゼロ 最下位オリに負け越し

西日本スポーツ

 ◆西武5-8オリックス(5日、メットライフドーム)

 西武は最終回の反撃も及ばず、10残塁で最下位オリックスに連敗。この6連戦を2勝3敗1分けで、貯金がなくなった。

 初回の好機で山川の内野ゴロの間に1点先制。ところが先発・与座は直後の2回、T-岡田に逆転2ランを浴び、なおもピンチで中堅・川越の本塁好返球に救われる立ち上がりだった。

 与座は6回にピンチを招いて降板し、プロ初勝利は今回もお預け。代わった田村が安達に適時打を許し、2点差とされた。その裏、オリックス先発・山本がプロ野球タイ記録の1イニング3与死球。西武は2死満塁の好機を得たが、川越が倒れた。

 すると直後の7回、田村と浜屋が崩れて一気に4失点。打線は昨季3戦2敗、防御率0・37に封じられた山本を今季初対戦でも打ち崩せなかったが、最終回に奮起。スパンジェンバーグ、山川の適時打で抑えのディクソンを引きずり出しながら、最後は1死一、二塁から代打・呉念庭が遊ゴロ併殺打に倒れた。

 7日からは敵地で、1・5ゲーム差で追う2位ロッテとの6連戦に臨む。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング