ソフトバンク大きな1勝! 柳田驚弾&V打で復帰の千賀に白星つけた

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-3楽天(7日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが序盤の点の取り合いを制し、首位楽天との6連戦を白星で滑り出した。

 右前腕部の張りから出遅れていたエースの千賀が戦列復帰。初回にいきなり自己最速タイの161キロを計測したが、四球絡みで島内に先制の2点二塁打を許した。

 ここから点の取り合い。直後に柳田が左翼ホームランテラスへ同点2ラン。2回に栗原のソロで勝ち越したが、3回に浅村の早くも8号となるソロで追いつかれた。

 制球に苦しんだ千賀だったが粘投。ブラッシュ、浅村を連続三振に仕留めて5回を投げ終えると、直後に柳田の勝ち越し適時打が出て、勝ち投手の権利を得た。

 6回から登板した高橋礼が2イニングを1安打無失点。8回をモイネロ、9回を森がともにパーフェクトで締めくくった。楽天・浅村は今季8本目で初めて本塁打が勝利に結びつかなかった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ