西武が借金生活に突入 先発の高橋光が6回6失点

西日本スポーツ

 ◆ロッテ8-6西武(7日、ZOZOマリン)

 西武がカード初戦に打ち負けた。開幕から7勝8敗1分けとなり、借金生活に入った。

 3回に川越の中堅への三塁打を足がかりに鈴木の左犠飛で1点を先制。ところが自身3連勝を狙った先発・高橋光が誤算だった。4回まではゼロを並べ、7奪三振。しかし5回2死三塁から藤岡の左前打で追い付かれると、なおも一、二塁のピンチでマーティンに左中間2点二塁打を浴びて勝ち越された。

 それでも打線が奮起。2点を追う6回無死一塁から外崎の中堅への適時二塁打で1点差に迫った。だが直後の6回に高橋光が安田に今季1号となる2ランを浴びるなど3点を加えられた。高橋光はこの回で降板し、6回6失点。「ずるずると失点をしてしまったり、相手の流れを止めることができませんでした」などと反省のコメントだった。

 持ち味の強力打線は、7回にも源田の2点適時三塁打や山川の適時内野安打で3点を返し、5-6と食い下がったものの、7回からマウンドに上がった2番手の宮川が2点を許し、突き放された。最終回に1死一、二塁から森の右前適時打で1点を返したが、及ばなかった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング