先輩は若手人気俳優「同じ寮にいたと思うとすごい」創成館ナイン甲子園へ励み

西日本スポーツ 前田 泰子

 8月に兵庫県西宮市の甲子園球場で開催される「2020年甲子園高校野球交流試合」の組み合わせ抽選会が8日、招待32校の主将によるオンラインで実施され、九州勢4校の対戦相手が決まった。創成館(長崎)は平田(島根)と対戦する。

   ◇   ◇   ◇

 春夏通じて6度目の甲子園となる創成館は21世紀枠で選ばれていた平田との対戦が決まった。リモート抽選会でくじを引いた上原祐士主将が練習に合流し、対戦相手をチームメートに伝えた。「相手は好投手を中心とした守備のいいチーム。チームカラーは同じなので負けられない」と上原主将は力を込めた。

 甲子園の前に長崎県の独自大会が10日に開幕。創成館は12日に初戦を迎え、目標とする県の頂点まで6試合を3年生で戦う。稙田龍生監督は「まずは長崎大会で優勝して甲子園に臨みたい。そして甲子園の1試合をかみしめて戦ってほしい」と選手の奮起に期待する。

 OBの活躍も選手を奮い立たせる。放送中のテレビドラマに出演する俳優の岡田健史は3年生の3学年上の先輩。ドラマを録画し寮で見ている選手もいる。「入れ替わりの先輩なので直接は知らないけど、かっこいいです。同じ寮にいたと思うとすごい」と上原主将。若手俳優として勢いに乗る先輩の活躍はナインの励みにもなっている。

 新型コロナの影響で苦しい思いをした末につかんだ甲子園。次は自分たちが聖地から芸能界で頑張る先輩にエールを送る。(前田泰子)

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング