ひと味違う楽天…ソフトバンクは対策急務 今季左右しかねない6連戦

西日本スポーツ 倉成 孝史

〈鷹番が見た〉

 ◆ソフトバンク8-12楽天(8日、ペイペイドーム)

 柳田が2発、好調の栗原も2戦連発のアーチをかけた。打線は今季3度目の2桁安打を放ち8得点。それでも、4点及ばず首位楽天に今季初黒星だ。これで早くも12勝目と、開幕から好調な今季の楽天。まだ2試合しか見ていないが、ただ単に「スタートダッシュ」に成功したわけでなく、リーグV奪回を目指すホークスにとって、シーズンを通して手ごわすぎる存在になるとの印象を強く受けた。

 その理由は、何と言ってもオフの大補強による打線の分厚さだ。初回。1番小深田が松田宣の失策で出塁すると、今季ロッテから移籍し、現在打率3割7分7厘と絶好調の2番鈴木大に左前打でつながれた。その後笠谷が押し出し四球で先制点を許すと、なおも1死満塁の場面で、昨季までオリックスに在籍したロメロが中前へ2点適時打。初回から、新加入した選手のバットで3点を先制された。

 続く2回にも1死二塁から鈴木大が適時打。なおも一、二塁のピンチでは西武から移籍2年目の主砲にやられた。1死一、二塁で、4番浅村が笠谷の外角直球を捉え右翼テラス席へ3ラン。2戦連発となる9号アーチで、一気に6点差にまで広げられた。昨季チームは、楽天に13勝12敗と勝ち越し。投手陣は対戦防御率3・12と、パの相手5球団の中では2番目にいい数字で抑え込んでいたが、この日は今季ガラリと様変わりした打線の餌食になった。

 結局、鈴木大には3安打、ロメロには2安打を許した。それだけでなく、新加入選手の活躍が刺激になっての「相乗効果」なのか、相手打線は終始勢いを保ち続け、6人が登板したホークス投手陣は今季ワーストタイの13被安打。強力な打線を前に「及び腰」になったのか8与四球も影響し、同ワーストの12失点だ。

 敗戦後、工藤監督は険しい表情を浮かべながらも「投手も一生懸命やっている中、打たれた結果が残った。私も含めて反省した上で、切り替えてやっていくことが一番」と、強調した。大敗で、首位楽天とは再び4・5ゲーム差。まだシーズン序盤とはいえ、残り4試合の結果次第では、早くも今季を左右しかねない6連戦になる可能性を秘めているだけに「新生楽天打線」対策は、急務だ。 (倉成孝史)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ