ソフトバンク・バンデンハーク炎上「もう少し慎重に攻めても良かった」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-9楽天(9日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク・バンデンハークが5回以降の投球を悔やんだ。

 ベテラン高谷とのバッテリー。初回に自らのけん制悪送球から1点を先制されたが、一度は立て直して試合中盤へ。ところが5回に下位からの5連打で一挙4点を勝ち越されると、6回は2死から内野安打と二盗、四球でピンチを招いて降板。救援陣が踏ん張れず、残した2走者が生還した。

 今季ワーストの7失点。「初回は少しバタバタしてしまいましたが、2回から4回はまずまずの投球ができたと思います。中盤以降は、少しストライクゾーンにボールを集め過ぎた。もう少し、慎重に攻めても良かった」。前日の笠谷に続き、ソフトバンクは2試合連続で先発投手が7失点と炎上した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ