ソフトバンク松田宣不運…スタンドから怒号のちため息

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-楽天(10日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク松田宣の打席を、この日からスタンドに入った観客が固唾(かたず)をのんで見守った。

 1-1の同点で迎えた8回1死一、三塁、打席にはこの日1号を含む2安打と当たっている松田宣。追い込まれてからの6球目、楽天ブセニッツの速球が抜け、顔付近を襲った。

 大声での応援は控えるよう呼び掛けられているが、危ないコースにスタンドからは思わず怒号も。もっともこの時、よけながらバットを止めようとした松田宣はハーフスイングを取られてしまい、不運な空振り三振に倒れた。

 ややあってため息に包まれたスタンド。後続も倒れ、ソフトバンクは終盤の貴重な勝ち越しチャンスを逃した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ