ソフトバンク4点差逆転で連勝!熱男連発、復帰の中村晃も一打 二保が初白星

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク8-4楽天(11日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが序盤の最大4点のビハインドをはね返し、逆転で2連勝とした。

 開幕から未勝利の二保が、ローテ再編に伴い中5日で先発。初回にあっさり1点を先制されると、2回に太田の3ランで4点のリードを許す苦しい立ち上がりとなった。

 それでも直後に走塁ミスもありながら2点を返すと、3回に有観客となって急転好調の松田宣が2試合連発の2号同点2ラン。その後、二保は立て直し、持ち味の打たせて取る投球で7回まで追加点を許さなかった。

 7回に明石の勝ち越し二塁打が出ると、8回はモイネロが1死二、三塁のピンチを招きながら無失点で脱出。直後に三森の適時二塁打や、戦列復帰した中村晃の今季初安打となる2点打で突き放し、4点差の9回は嘉弥真が三者凡退で締めた。

 二保は今季4試合目で初勝利。首位楽天との6連戦はここまで3勝2敗と白星を先行させた。12日は2カード連続の勝ち越しと勝率5割復帰が懸かる。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ