ソフトバンク三森がダメ押し二塁打 今季初のマルチ

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク8-4楽天(11日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの三森が貴重な適時打を放った。

 9番二塁で2試合連続スタメン出場すると、1点リードの8回無死三塁、酒居の直球を捉えると、打球はぐんぐんと伸び中堅手の頭上を越す適時二塁打となった。「ランナー三塁だったので思い切って打ちにいった」。6回にも右翼線への二塁打を放ち、今季初のマルチ安打をマークした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ