出遅れたソフトバンクのイケメン右腕、打球直撃、プロの洗礼…課題と収穫のデビュー

西日本スポーツ

 ◆オリックス3-10ソフトバンク(14日、京セラドーム大阪)

 2年目右腕の板東は手応えと課題を胸に刻むプロデビュー戦となった。6点リードの7回から2番手で登板。先頭の若月をフォークで遊ゴロに打ち取ると、続く安達の打球を腹部に受けたが、自身の前に転がった打球を冷静に処理し、投ゴロとした。2死からは山足をカットボールで遊ゴロに打ち取り、3人で片付けた。

 プロの洗礼を浴びたのが8回。2死から3番吉田正に144キロの内角直球を捉えられ、右翼席へ飛び込む弾丸ライナーのソロ本塁打を浴びた。切り替えて最後はジョーンズをフォークで空振り三振に仕留めた。

 「最初の回は自分らしい投球ができた。(8回の被弾は)やっぱり、1軍のバッターは甘いボールは1球で仕留めてくると感じました。今日の試合をしっかり反省して、次はしっかりと抑えたい」。同期入団の甲斐野、泉らが1年目から1軍で結果を残す中、出遅れていたイケメン右腕がプロとしての第一歩を踏み出した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ