ソフトバンクの「オリキラー」が…バンデンハークが2被弾で序盤KO

西日本スポーツ

 ◆オリックス-ソフトバンク(16日、京セラドーム大阪)

 ソフトバンクのバンデンハークが、3回に2本塁打を浴びて降板した。

 1死からプロ2年目の太田に直球をバックスリーンに運ばれ、プロ初安打を特大弾で献上。さらに2死一塁から吉田正に適時二塁打を許すと、米大リーグのオリオールズ時代に同僚だったジョーンズにカーブを5階席まで運ばれる2ランとされて一挙4失点。「まさか日本で対戦できるとは思っていなかった」と心待ちにしていた対戦で、とどめを刺される結果になった。

 バンデンハークはこの試合前でオリックス戦で通算12勝1敗と抜群の相性を誇っていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ