ソフトバンク有観客5連勝でストップ 5回絶好機でバレンティン併殺

西日本スポーツ

 ◆オリックス4-3ソフトバンク(16日、京セラドーム大阪)

 有観客試合になって始まったソフトバンクの連勝が5で止まった。

 先発のバンデンハークが1点リードの3回、太田のプロ初安打初本塁打、吉田正の二塁打で逆転され、ジョーンズには左翼5階席に飛び込む特大2ランを食らった。オリックス戦には試合前まで12勝1敗と好相性の右腕は、来日6年目で自己最短の2回3分の2、4失点でKOされた。

 2点差に追い上げた5回1死満塁の好機では、バレンティンがオリックス先発の左腕山崎福の初球を打ったが、遊ゴロ併殺打に終わった。9回には1死二塁で栗原が左翼へ適時打を放って1点差としたが、二塁を狙った栗原はアウト。工藤監督のリクエストでリプレー検証が行われたが、判定は覆らなかった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ