大当たり年?西武山川 両リーグ断トツの独走で日本新記録ペース

西日本スポーツ

 ◆楽天-西武(17日、楽天生命パーク宮城)

 西武の山川が早くも今シーズン7個目の死球を受けた。

 2回先頭、則本昂の初球が左腕を直撃。続く森の四球でチャンスが広がると、中村の左前打に左翼手の失策が重なり、二塁走者の山川が先制ホームを踏んだ。

 今季の山川は16日まで22試合で両リーグ断トツの6死球を受けていた。今季23試合で7個目となり、120試合に換算すると約37死球。2007年ラロッカ(オリックス)が持つ28死球のシーズン記録を大きく上回るペースだ。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング