ソフトバンク初「4番中村晃」で大勝 スクランブル登板の6年目・笠谷がプロ初白星

西日本スポーツ

 ◆オリックス1-9ソフトバンク(17日、京セラドーム大阪)

 オーダーに大胆に手を入れたソフトバンクが、先発・東浜のアクシデントにも動じず大勝した。

 初回、プロ初4番に起用した中村晃の犠飛で先制。援護を受けた先発・東浜は2回に右脚に打球を受けながら続投、もっとも3回無死から太田に2戦連発となる同点ソロを許した。

 それでも4回に甲斐への押し出しを含む4四球と、三森の適時内野安打で2点を勝ち越し。その裏、東浜は続投せず、笠谷が登板して2回を無安打無失点に抑えた。

 その後も甲斐と好調・上林のソロや、途中出場・西田の適時打でリードを拡大。打順を5番に下げ左翼を守ったバレンティンは2併殺打で音なしだったが、3試合ぶりの2桁11安打で9点を奪った。6年目の笠谷はプロ初勝利。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ