ソフトバンク柳田今度はとんでも強肩発動 天井直撃弾から一夜明けて

西日本スポーツ

 ◆オリックス2-3ソフトバンク(19日、京セラドーム大阪)

 前日18日に天井直撃の本塁打を放ったソフトバンク・柳田が、強肩を発動しピンチを防いだ。

 2点差に迫られた8回無死満塁で、4番ジョーンズの深いセンターフライを処理。三走は犠飛で生還したが、柳田が狙いをつけたのは三進を狙った二走の安達。ダイレクトで投げた送球は三塁にドンピシャリでタッチアウト。安達が大の字で悔しがると、柳田はグラブをたたいて吠えた。

 モイネロが13試合目で初めて失点する乱調を救い、リードを保ったまま守り切った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ