ソフトバンク3連勝!中村晃1号、柳田が窮地救うレーザービーム 山本由伸攻略でオリに5勝1敗

西日本スポーツ

 ◆オリックス2-3ソフトバンク(19日、京セラドーム大阪)

 ソフトバンクが接戦を制し、3カード連続の勝ち越し。この6連戦で5勝1敗で貯金を今季最多の「4」まで増やした。

 ソフトバンク二保が、オリックス山本との投げ合い粘りの投球。6回までわずか1安打の打線が7回に奮起し、無死から上林、柳田の連続二塁打で先制すると、中村晃が今季まだ被弾のなかった山本から2ラン。一気に3点を先行した。

 7回は高橋礼。前日右太ももに打球を受け心配されたが無失点でつないだ。8回のモイネロが安打と連続四球で無死満塁のピンチを招き、吉田正へ押し出し四球。さらにジョーンズの中犠飛で1点差とされたが、ここで中堅手・柳田がタッチアップした二塁走者・安達を三塁へのノーバウンド送球で刺して2死。モイネロが何とか後続を断ち、1点差の9回は森がパーフェクトに抑えて5セーブ目を挙げた。

 2カード連続の勝ち越しと好調のオリックスだったが、ロッテに6連敗した開幕2カード目に続く大きな負け越しとなった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ