西武まさかの逆転負け 平良ノーノー止まり満塁被弾…山川3戦連発フイ 榎田初白星消えた

西日本スポーツ

 ◆楽天9―5西武(19日、楽天生命パーク宮城)

 西武が終盤に痛恨の逆転負けを喫し、2カードぶりの負け越しとなった。

 今季初登板の榎田が初回、ロメロに先制ソロを許したものの、2回に栗山の同点打などで逆転。3回には山川の3戦連発となる3ランで4点差とした。

 勝利投手の権利を得た榎田は5回無死から浅村にソロを浴び、なおも無死一塁とされ降板。ここで救援した平井が7回も続投したが、連続四球から犠打野選で無死満塁のピンチを招き、平良の救援を仰いだ。

 開幕から無安打無失点を続けてきた右腕ながら、さすがに酷な場面。1死から浅村に同点2点打を許すと、なおも2死満塁から内田に勝ち越しのグランドスラムを浴びた。

 9回無死一、二塁と森原を攻めたが源田が凡飛、外崎が併殺打で万事休す。雨天中止で始まったこのカードを2勝3敗で終え、勝率5割に逆戻りした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング