9回裏に7得点「まさか入るとは」高校初アーチが逆転サヨナラ満塁弾

西日本スポーツ

 ◆2020大分県高校野球大会 2回戦 佐伯豊南12x-10別府鶴見丘 (20日、大分市・別大興産スタジアム)

 佐伯豊南が劇的な逆転満塁サヨナラ弾で勝利を決めた。

 5-10で迎えた9回裏に一挙7得点。最後は1死満塁で5番長沢が左翼の芝生席に飛び込む一発を放った。3年生の長沢はこれが高校初アーチ。「次につなぐつもりで打席に立った。まさか入るとは思わなかった」と目を丸くした。

 コロナ禍で全体練習ができなかった期間は家で毎日200~300回バットを振ってきた。「打撃には自信があります」。練習の成果を出せて笑顔を見せた。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング