ソフトバンク5年目川瀬スタンドから「刺激もらった」弟の貫禄投球

西日本スポーツ

 ◆2020大分県高校野球大会2回戦 日本文理大付3-0大分商(20日、別大興産スタジアム)

 ソフトバンク5年目の川瀬晃がスタンドで大分商のプロ注目エースに成長した弟・堅斗の試合を観戦した。

 敗れはしたが力いっぱいプレーした後輩たちに「みんなの姿を見て元気をもらいました」と拍手を送った。自身は大分商1年夏に控えで甲子園に出場。「甲子園は広いなと感じた。空気を味わえたらいいと思う」と願う。好投手として注目される弟については「こちらも刺激をもらっています。負けられないと思う」と語った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ