HKT48松岡菜摘ショーパン美脚で始球式 「そわそわして」ノーバンならず

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-日本ハム(21日、ペイペイドーム)

 人気アイドルグループ「HKT48」のメンバーで福岡県出身の松岡菜摘(23)が始球式を務めた。

 背番号48が入ったソフトバンクのユニホームを着て登場。マウンドからの投球は左打者の外角に大きく外れ、ホームベース手前でバウンドした。大役を終えて「一瞬すぎて夢の中のような感じ。心臓が一気にジェットコースターみたいにガンッと上がって、今もそわそわしています。でも、誰でもできることではないので本当に光栄でうれしかったです。点数は60点くらいですね」と笑みを浮かべた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で無観客で始まった今季、ソフトバンク開幕戦の始球式はバーチャルで行われたため「リアル始球式」の今季第1号となった。

 10月下旬にはペイペイドーム横の娯楽施設「BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス・イーゾ・フクオカ)」内に、HKT48専用劇場となる「西日本シティ銀行 HKT48劇場」がオープンする予定。「前もホークスタウンに劇場があったんですけど、しばらく離れていて、やっと帰って来れてすごくうれしい。この場所から一緒に盛り上げていけるようにHKT48も頑張っていきたいです」とオープンを待ちきれない様子だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ