西武与座プロ初勝利の権利得て降板 前回は「あと1人」で降板、相手は同じロッテ

西日本スポーツ

 ◆西武-ロッテ(23日、メットライフドーム)

 西武の与座がプロ5度目の登板で初勝利の権利を手にして降板した。

 初回に2点を失ったが、2回に味方打線が逆転に成功。以降は走者を背負いながら無失点でしのいだ。

 3回1死一、三塁のピンチでは安田の強烈なライナーを転倒しながらグラブに収めるなど気迫の投球。5回も先頭マーティンに右前打を許したが、続く菅野を二ゴロ併殺。安田を中飛に仕留めると、グラブをたたいて喜びを表現した。5回6安打2失点。この時点で1点をリードしてリリーフ陣に後を託した。

 与座は前回登板の12日のロッテ戦(ZOZOマリン)ではリードをもらいながら初勝利まであと1死の4回2/3で降板していた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング