ソフトバンク・バレンティン苛立つ負傷交代 平石コーチはバツ印

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-日本ハム(24日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク・バレンティンが負傷交代した。

 1点ビハインドから3点を奪って逆転した3回、なお2死二塁。有原に追い込まれて高めの変化球をファウルした際、自打球を左足のつま先付近に当てた。打席を外し、両膝に手を当て苦悶(くもん)の表情。トレーナーが駆け寄ったが、打席に戻り、ファンから拍手を受けた。

 そこから外角低めに2球続いた変化球に手を出さず四球。バレンティンはバットを放り出してマウンド上の有原にいら立ったような様子を見せた。

 一塁まで歩いたが、やはり両膝に手をつき、トレーナーとともに駆け寄った平石打撃兼野手総合コーチがベンチに向かって手でバツ印。バレンティンは治療のためベンチ裏に退き、その際もいら立ちが収まらない様子だった。結局そのまま交代。明石が代走に送られた。

 ヤクルトから移籍1年目のバレンティンは今季ここまで打率1割8分5厘、6本塁打、18打点。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ